スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春構築・クチートスタン後編

それでは前回の続きということで、クチートスタン後編について語っていきます。関係ないですけど最近判明した自然の恵みの強化、面白いですよねー。ファイアローに格闘の打点持たせたり単純に役割破壊の観点からみて強力だと思います、まあ持ち物が木の実のぶん火力は下がるので汎用性には欠けるかもしれないですけれど。

さて、今回紹介するのはこのメンバーですね。
n80.gifn635.gifn94.gif
○ヤドラン
n80.gif
タイプ:水/エスパー 持ち物:ゴツゴツメット 性格:ずぶとい
特性:再生力
種族値:H95A75B110C100D80S30
努力値:H244B132C132
実数値:H201A*B161C137*D100S50
技構成:・熱湯        ・冷凍ビーム
    ・電磁波       ・怠ける
配分内容:H…3n(再生力効率最大)  B…A200ガブリアス逆鱗二耐え
      C…余り
このパーティ内唯一の耐久ポケモンであり、クチートの相棒ですね。クチートとの相性の良さを簡単に挙げてみると、
 ・ファイアローやガブリアスなどクチートの苦手な炎、地面物理アタッカーをサブウエポン含め安定して受け出しできる
 ・電磁波を撒くことでクチートの遅さをカバーし、更にはアイアンヘッドとまひの組み合わせによりまひるみコンボを狙える。また自身の遅さもカバーするので怠けるを先制でうつマウントをとれる。
 ・ゴツメによりタスキを潰し確実に削りながら、クチートの不意打ち圏内に収めていく
 ・いかくをかけてもらうことで、本来受けきれない相手とも戦える(この調整の場合鉢巻A200ガブリアスを普通のガブリアスの火力にまで下げられるので受け出し可能
 …と、
かなりシナジーがよろしいです。現環境でいまだに数の多いメガガルーラやリザXにも強く、サイクル中心のこのパーティでは再生力が特に効果を発揮します。技構成について、熱湯と電磁波は状態異常の面でアンシナジーかもしれませんが、単純に波乗りを入れるよりは勝ち筋が増え自分は好みです。

○サザンドラ
n635.gif

タイプ:悪/ドラゴン 持ち物:こだわりスカーフ 性格:ひかえめ
特性:浮遊
種族値:H92A105B90C125D90S98
努力値:H4C252S252
実数値:H168A*B110C194D110S150
配分:CS極振り
技構成:・流星群    ・悪の波動
    ・火炎放射   ・波乗り
600族ドラゴンですね。第五世代までは自分よりSが低い相手にはとことん強い彼ですが、フェアリータイプが登場してからはその相性の悪さに評価ががくりと落ち込みました。ただこのパーティにおいてはフェアリーに滅法強いクチートがいるので活躍できるのではないかと考え採用。当初はスカーフガチゴラスだったんですがね、あまりにも使いづらいので解雇してその枠にサザンドラを入れました。
 このパーティの天敵の一つ、ギルガルドを主としたゴーストタイプを止められる貴重な存在です。近作で鋼に霊・悪技は等倍で刺さるよう変更が入り、油断していると一貫性が出てしまいますね。あとはまあドラゴンの耐性を活かしてロトムに受け出ししたり、他のドラゴンを上から叩いたり、基本的に性能が高いので選出してくさることは殆どありません。ただ、眼鏡や珠でなくスカーフを巻いているために、思ったより火力はでません。H振りミトムさえ流星群で倒しきれず、しょっちゅう起点にされがちなので、安易に流星群を打たず後続に一貫しやすい波乗りや悪の波動を積極的に選ぶことをおすすめします。

○ゲンガー
n94.gif
タイプ:毒/ゴースト 持ち物:タスキ 性格:おくびょう
特性:ふゆう
種族値:H60A65B60C130D75S110
努力値:H4C252S252
実数値:H136A*B80C182D95S178
技構成:・シャドーボール  ・ヘドロ爆弾
    ・エナジーボール  ・道連れ
ただのタスキゲンガーですね、何の変哲もない特殊アタッカーです。この六体目の枠はなんというか持て余していて、まあ邪魔にならないゲンガーを入れておくかくらいの気持ちで採用したのですが、期待していたよりは良い働きをしてくれました。クチートで狩り切れないフェアリーを処理したり、重くなりがちな水地面をエナジーボールで簡単に倒してくれるので、便利ですね。あとはサイクル戦でつい起点にされてしまったときも、最悪道連れで帳消しにできるので、あまりやりたくはないですが、最終手段として残しておくと心強いです。前述しましたが霊・悪技は一貫性がでやすいので、タイプ一致で打てるポケモンを入れておけば、簡単に止まることはないと思います。

○まとめ
全体を通して、アタッカー気質なポケモンばかり入れたうえ積み技もないパーティなので、耐久ポケモンが
重くなりがちな傾向はあります。逆にいえば一発の攻撃の重みを重視しているのでダメージレースで優位に立ちやすく、相性補完もクチートを中心にとっているので選出パターンは豊富に組めます。ギミックもとんボルチェン、まひるみ、先制技となるべく勝ち筋を増やせるよう構築したので、相手に合わせた柔軟な戦い方ができるんではないでしょうか。
最初はメガルカリオとガチゴラスでパーティを組もうと思ったのがきっかけですが、いつのまにか主軸が変わっていましたね(笑)ありがちですけど

長くなりましたがこれでクチートスタンの紹介を終わります。一応バトルビデオもいくつか残してあるので今後気が向いたら載せるかもしれません。
ご意見ご質問ありましたら遠慮なくください!


コメントの投稿

非公開コメント

どうも氷輪です。

サザン、ヤドランの並びを見てふと気づいたんですが、サザンクラゲの補完に似ていますね。
違いがあるとすれば、両方水耐久であるもののドククラゲは特殊受け、ヤドランは物理受けってところですね。
それに2匹ともサザンの苦手なマリルリに対し役割を持つことが出来るんですよね。

今、サザンクラゲの構築(どくびしパ)を考えています。どくびしパといえばパルボルトが有名ですが、私は準伝説を使いたくありません。このボルトロスが担っているみがまも要員を他の誰かで出来ないものでしょうか?

ドククラゲ自体はフェアリーの登場で少し追い風なので、第6世代での悔しい思いを晴らせればとおもっています。

No title

>氷輪さん
サザンクラゲですか、懐かしい響きですね。
準伝説を使わない縛りで考えるとなれば、みがまもはグライオンとかがいいかもしれませんね。一撃必殺を覚える+ポイヒ+そこそこ攻撃できるAがあるので
毒菱パで聞いたことがあるのはバシャーモとか、面白いと思います。毒が効かない鋼に強く、みがまもで加速しながら攻撃という運用もできるので、汎用性が高いかと……

>>オルカ

やはりそこら辺が有力候補ですか。

サザン@眼鏡
クラゲ@ヘドロ
バシャ@メガ石
グロス@シュカ


ここまでは確定しました。
サザンクラゲの並びで一貫しているマンムー、ガブリアスをグロスがシュカで見てくれます。

毒や飛の処理をドサイドンに任せたいのですが、どうもグロスと役割が似てきてしまうんじゃないかと思います。それに地面の通りがよくなってしまいます。

どうするのが得策でしょうか?

No title

>氷輪さん
シュカグロスを入れるならば毒対策は十分ではないでしょうか、数も少ないです
飛行タイプに対しては電気タイプを回答とすればいいと思います
あと、バシャーモにメガストーンを持たせるとみがまもで回復できないので残飯がいいのでは?

とても参考になりました。

良いパーティが出来そうです。
ありがとうございます。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ

最新記事
最新コメント
アクセス数
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3811位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
320位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。