スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅びのゾロゲン構築・前編

今回は、正月に組んだパーティを一つ紹介したいと思います。タイトルを呼んで何じゃそれ?と感じたかもしれませんが、簡単にいえば、「滅びの唄メガゲンガーとゾロアークを主体とした構築」です。
n94m.gifn571.gifn652 - コピー479-heat_0 - コピーn212 - コピーn445 - コピー

○メガゲンガー
n94m.gif
タイプ:毒/ゴースト 特性:かげふみ
種族値 H60A65B80C170D95S130
きっかけですが、ポケムーバー解禁によりムウマを連れて来れることから、メガゲンガーによる「滅びの唄+かげふみ」という凶悪コンボが可能になりまして、知名度が低い今のうちに使おう!ということで、メガゲンガー軸のパーティを組むことになりました。以前から滅び影ふみコンボは噂されていたものの、ダブルでないと実戦で活躍できないとの意見が多くありました。そうはいっても相手をほぼ完全に、数値を無視して狩れるといった芸当はなかなかできるものではありません、採用価値はあると判断した次第です。
○型
滅びの唄かげふみコンボとなれば型は吟味するほどの自由度もなくほとんど決まったようなものなので、先に型を書きます。
 性格:おくびょう  持ち物:ゲンガーナイト
努力値:H252116BS140
実数値:H167A*B115C190D115S184
内容:・H……全振り
   ・B……余り  S……素で95族抜き、メガシンカして115族抜き
技構成:・滅びの唄    ・身代わり
    ・選択技     ・守る
選択技ですが、道連れかシャドーボール、ヘドロ爆弾が入ります。自分はシャドーボールにしています。影ふみ無効のゴーストタイプに刺さり一貫性も高く、また道連れだと1対1になったとき負けが確定してしまいますし、無振りでもCが190もあるのでもったいないと思ったからです。ヘドロ爆弾よりも一貫性が出ます、抜群はとりにくいですが。
なるべくSに振っておきましょう、身代わりを上から貼ることで余計なダメーシを負わずに済みます。とはいっても最速にまでして抜きたい相手はいません。115族抜きに留めたのは、それより上にはファイアロー(先制技物理)、ゲッコウガ(かげうち)、オンバーン(とんぼ返りで逃げられる)などコンボを決めにくい相手が多く、反対に115族にはアグノム、スターミーなどがいるので上からシャドーボールをぶつけるだけだも無傷で倒せる可能性が高いからです。そもそも高速ポケというのは攻撃性能が高く耐久が低い傾向にあるので、わざわざ滅びの唄で3ターンもかけて倒すより、ゲンガー以外で普通に殴った方が結果的に被害は少なく済みます。
身代わり→金縛り?
 初ターンに守るを選び相手は攻撃をするとします。2ターン目にも同じ技を選んでいた場合、こちらが先制で金縛りを打てば相手の攻撃は封じられ、身代わり分のHPを消費しないので得をします。基本的にはこっちの方が正解といえばそうかもしれないのですが、私は身代わりを選びました。アタッカーとしても運用する場合、役立つことが多いからです。相手の状態異常技をシャットアウトできたり、とんぼ返り・ボルチェン後に出てくるファイアローなどに身代わりを張っておくことで返り討ちにできたりといった事態も多々あります。ただ影ふみ滅びの唄コンボを闇雲に使っては勝てません、ある程度の汎用性を持たせることで勝ち筋が増えますし、ゲームプランも立て易いです。
○弱点をカバーするゾロアーク
メガゲンガーの苦手は以下の点です。
 ・ゴーストタイプ……かげふみ無効
 ・高速物理アタッカー
他にも色々ありますが、この二点をゾロアークがカバーしてくれます。
n571.gif
   性格:おくびょう 持ち物:気合のタスキ
努力値CS252H4
技構成:・ナイトバースト   ・不意打ち
    ・火炎放射      ・カウンター
詳しくは割愛
まず、両者の相性補完はほぼ完璧といっていいでしょう。メガゲンガーが苦手とするゴーストに強く、物理アタッカーをタスキカウンターで強制処理します。極めつけは特性のイリュージョンです、相手の選出を誘導しつつ、かく乱してくれます。ゾロアークを入れるとトンボルチェンや格闘ポケを強く誘い、しかも上手くいけば起点にしようと積んだり身代わりをはってくるので、その隙にゲンガーをメガシンカさせて滅びの唄を打たせます。初ターンはゲンガーの影ふみが発動しないため、いかに有利な相手を捕まえるかでバトルの流れが決まってきます。相手を空回りさせることさえできればいいので、最悪見せポケとなっても構いません、相手はゾロアークが初手に来ること前提を考え選出し立ち回ってくるので。第五世代から使われてきてやることは見透かされがちなので、そこを逆手にとりましょう。
○一貫する弱点
連続技が苦手です、メガガルーラを筆頭とし、パルシェンやチラチーノ、メガヘラクロスあたりはしんどいですね。トンボルチェンでかき回されるのも厄介です。同時選出する際には注意が必要です。
○まとめ
今回は前編ということで、メガゲンガーの立ち回りとそれを決めやすくするベンチウォーマのゾロアークについて、長々と語らせていただきました。今もレーティングでこのパーティを回して若干改良の余地もあるものの、パーティとしてまとまりがあり完成としてもいいので、紹介しました。正月に考えたので調整とか忘れてしまう前に!という焦りもありますが…。
では次回の後編もお楽しみにヽ(´c_,`)ノフフ質問ご意見ご遠慮なくください!

テーマ : ポケットモンスター X・Y
ジャンル : ゲーム

新春構築・クチートスタン後編

それでは前回の続きということで、クチートスタン後編について語っていきます。関係ないですけど最近判明した自然の恵みの強化、面白いですよねー。ファイアローに格闘の打点持たせたり単純に役割破壊の観点からみて強力だと思います、まあ持ち物が木の実のぶん火力は下がるので汎用性には欠けるかもしれないですけれど。

さて、今回紹介するのはこのメンバーですね。
n80.gifn635.gifn94.gif
○ヤドラン
n80.gif
タイプ:水/エスパー 持ち物:ゴツゴツメット 性格:ずぶとい
特性:再生力
種族値:H95A75B110C100D80S30
努力値:H244B132C132
実数値:H201A*B161C137*D100S50
技構成:・熱湯        ・冷凍ビーム
    ・電磁波       ・怠ける
配分内容:H…3n(再生力効率最大)  B…A200ガブリアス逆鱗二耐え
      C…余り
このパーティ内唯一の耐久ポケモンであり、クチートの相棒ですね。クチートとの相性の良さを簡単に挙げてみると、
 ・ファイアローやガブリアスなどクチートの苦手な炎、地面物理アタッカーをサブウエポン含め安定して受け出しできる
 ・電磁波を撒くことでクチートの遅さをカバーし、更にはアイアンヘッドとまひの組み合わせによりまひるみコンボを狙える。また自身の遅さもカバーするので怠けるを先制でうつマウントをとれる。
 ・ゴツメによりタスキを潰し確実に削りながら、クチートの不意打ち圏内に収めていく
 ・いかくをかけてもらうことで、本来受けきれない相手とも戦える(この調整の場合鉢巻A200ガブリアスを普通のガブリアスの火力にまで下げられるので受け出し可能
 …と、
かなりシナジーがよろしいです。現環境でいまだに数の多いメガガルーラやリザXにも強く、サイクル中心のこのパーティでは再生力が特に効果を発揮します。技構成について、熱湯と電磁波は状態異常の面でアンシナジーかもしれませんが、単純に波乗りを入れるよりは勝ち筋が増え自分は好みです。

○サザンドラ
n635.gif

タイプ:悪/ドラゴン 持ち物:こだわりスカーフ 性格:ひかえめ
特性:浮遊
種族値:H92A105B90C125D90S98
努力値:H4C252S252
実数値:H168A*B110C194D110S150
配分:CS極振り
技構成:・流星群    ・悪の波動
    ・火炎放射   ・波乗り
600族ドラゴンですね。第五世代までは自分よりSが低い相手にはとことん強い彼ですが、フェアリータイプが登場してからはその相性の悪さに評価ががくりと落ち込みました。ただこのパーティにおいてはフェアリーに滅法強いクチートがいるので活躍できるのではないかと考え採用。当初はスカーフガチゴラスだったんですがね、あまりにも使いづらいので解雇してその枠にサザンドラを入れました。
 このパーティの天敵の一つ、ギルガルドを主としたゴーストタイプを止められる貴重な存在です。近作で鋼に霊・悪技は等倍で刺さるよう変更が入り、油断していると一貫性が出てしまいますね。あとはまあドラゴンの耐性を活かしてロトムに受け出ししたり、他のドラゴンを上から叩いたり、基本的に性能が高いので選出してくさることは殆どありません。ただ、眼鏡や珠でなくスカーフを巻いているために、思ったより火力はでません。H振りミトムさえ流星群で倒しきれず、しょっちゅう起点にされがちなので、安易に流星群を打たず後続に一貫しやすい波乗りや悪の波動を積極的に選ぶことをおすすめします。

○ゲンガー
n94.gif
タイプ:毒/ゴースト 持ち物:タスキ 性格:おくびょう
特性:ふゆう
種族値:H60A65B60C130D75S110
努力値:H4C252S252
実数値:H136A*B80C182D95S178
技構成:・シャドーボール  ・ヘドロ爆弾
    ・エナジーボール  ・道連れ
ただのタスキゲンガーですね、何の変哲もない特殊アタッカーです。この六体目の枠はなんというか持て余していて、まあ邪魔にならないゲンガーを入れておくかくらいの気持ちで採用したのですが、期待していたよりは良い働きをしてくれました。クチートで狩り切れないフェアリーを処理したり、重くなりがちな水地面をエナジーボールで簡単に倒してくれるので、便利ですね。あとはサイクル戦でつい起点にされてしまったときも、最悪道連れで帳消しにできるので、あまりやりたくはないですが、最終手段として残しておくと心強いです。前述しましたが霊・悪技は一貫性がでやすいので、タイプ一致で打てるポケモンを入れておけば、簡単に止まることはないと思います。

○まとめ
全体を通して、アタッカー気質なポケモンばかり入れたうえ積み技もないパーティなので、耐久ポケモンが
重くなりがちな傾向はあります。逆にいえば一発の攻撃の重みを重視しているのでダメージレースで優位に立ちやすく、相性補完もクチートを中心にとっているので選出パターンは豊富に組めます。ギミックもとんボルチェン、まひるみ、先制技となるべく勝ち筋を増やせるよう構築したので、相手に合わせた柔軟な戦い方ができるんではないでしょうか。
最初はメガルカリオとガチゴラスでパーティを組もうと思ったのがきっかけですが、いつのまにか主軸が変わっていましたね(笑)ありがちですけど

長くなりましたがこれでクチートスタンの紹介を終わります。一応バトルビデオもいくつか残してあるので今後気が向いたら載せるかもしれません。
ご意見ご質問ありましたら遠慮なくください!


新春構築・クチートスタン前編

 あけましておめでとうございます、オルカです。新年になりましたがいまだにポケバンクをダウンロードできておらず、旧作からポケモンを連れてこれずです。皆さんもご存知のことかと思いますがサーバーが重くてどうこうという話で、しばらく配信は停止したままかと。とはいいながらもGTSで大抵のポケモンは入手できますので、徐々に環境は変わりつつありますね。
 さて、正月の間はずっとポケモンをしておりまして、パーティも二つほど完成したので紹介していきたいと思います。今回はメガクチートを主軸としたスタンパについて書きます。

○パーティメンバー
n303m.gif n663.gif479-mow.gifn80.gifn635.gifn94.gif
○パーティのコンセプト
 メガクチートの火力を最大限生かせるよう工夫し、クチートの苦手な部分を他メンバーでカバーする。
○パーティ内のギミック
 ぱっと見て分かると思いますが、ファイアローとカットムでとんボルチェンを組んでます。基本的にその二体で削りを入れつつ、隙を見てクチートを出します。サイクル戦の中でクチートがいかくを撒き、タイミングを見計らってメガシンカをします。また終盤ではクチートの不意打ちとファイアローのブレバ圏内に入っている相手ポケモンを仕留めていきます。基本選出はその三体で行い、選出時にどうしても突破できそうにないポケモンがいたときは、ヤドラン、ゲンガー、サザンドラを随時出していきます。
○各メンバー紹介
 ・メガクチート
n303m.gif
タイプ:鋼/フェアリー 持ち物:クチートナイト 性格:いじっぱり
特性:いかく →メガクチートになり力持ち
種族値:H50A105B125C55D95S50(メガクチート)
努力値:H252A164S92
実数値:H157A160B145C*D115S82
技構成:・不意打ち      ・じゃれつく
    ・アイアンヘッド   ・炎の牙
このパーティの要であり、最も強力なポケモンです。その高火力で重い一撃をいれながらも、威嚇をまいたり不意打ちでとどめを刺したりと、サイクル戦に組み込んでも活躍してくれます。特にクチートはヤドランと相性がよく、物理アタッカーに威嚇をいれることでヤドランの繰り出しが安定します。それについては後編で説明しますが。クチートはタイプ耐性が非常に優秀で特性も加わり繰り出し性能はそれなりにあります、ただしメガシンカ後にもう一度繰り出したときはいかくが発動しないので、注意しましょう。この枠は当初メガルカリオだったのですが火力不足に悩まされたためクチートに変更しまして、その後は勝率が大幅に上がりましたね。クチートについては単体考察もあるのでよければ見ていってください。
メガクチートの単体考察
 ・ファイアロー
n663.gif

タイプ:炎/飛行 持ち物:命の珠 性格:いじっぱり
特性:はやての翼
種族値:H78A81B71C74D69S126
努力値:H44A252S212
実数値:H159A146B91C*D89S173
配分内容:H……10n-1
A……全振り  S……最速105族抜き
技構成:・ブレイブバード ・フレアドライブ
    ・とんぼ返り $  ・寝言
XYで登場した有名人(鳥)ですね。採用理由は鋼の処理と強力な先制技、そしてとんぼ返り出来る点。ねごとはフシギバナの催眠対策です、かなり脆弱な気もしますが…。ファイアローの持ち物は基本的に命の珠か拘り鉢巻に限られると思いますが、今回は命の珠にしました。小回りが利きやすく、また起きた状態で寝言を言うようなねぼけた事態にならないよう拘りロックを忌避しました。その分火力は落ちて反動も大きくなりますが…。ファイアローは行動するだけで自らの命を大きく削るポケモンなので、序盤に酷使しすぎると終盤のしとめるタイミングまでに死んでしまうので負けに直結します。無闇にとんぼ返りせず交換するのも温存のひとつの手です。
 
・カットロトム 
479-mow.gif
詳しくはカットロトムの単体考察をご覧ください!
  タイプ:草/電気 持ち物:拘り眼鏡 性格:ひかえめ
  特性:浮遊
種族値:H50A65B107C105D107S86
努力値:H244C140S148
実数値:H156A*B127C154D127S125
技構成:・リーフストーム ・ボルトチェンジ
    ・十万ボルト   ・めざパ炎

以前紹介したカットムです。採用理由はポケバンク開放によってこれから増えるであろう零度スイクンを主とした耐久水の処理、ボルチェンによるサイクルの循環、そしてクチートが誘うガブリアス等の地面タイプに圧力をかけていくことです。ファイアローがヌオーやガブリアスを呼び寄せるのでそれに合わせてリーフストームを撃って処理できれば、ファイアローの負担は軽くなりボルチェン無効化のリスクも解消されるので、大きいアドバンデージを得られます。

はい、というわけで三体について語りました。次回は後編、残り三体について説明したいとおもいます。何か質問指摘等あれば遠慮なくコメントください!



 
プロフィール

オルカ

Author:オルカ

最新記事
最新コメント
アクセス数
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4714位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
376位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。